34歳の米国株投資日記

Not Financially Independent, Retire Early

経済的独立(FIRE)を成し遂げたい人へ

もし90歳の金持ちのお年寄りから1億ドル渡すから自分と入れ替わってほしいと言われたら、その申し出を受け入れるだろうか。もちろん受け入れないだろう。なぜか?時間はお金よりも貴重だからだ。 

冒頭は以下の本からの引用です。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

 
Financial Freedom: A Proven Path to All the Money You Will Ever Need (English Edition)

Financial Freedom: A Proven Path to All the Money You Will Ever Need (English Edition)

  • 作者:Grant Sabatier
  • 出版社/メーカー: Avery
  • 発売日: 2019/02/05
  • メディア: Kindle版
 

最近FIREが流行っています。

FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyの頭文字を取ったものです 。

僕みたいな生き方でしょうか。

しかし、厳密にはまだFinancial Independenceではないので、僕はただのREです。

レレレのおじさんですよ。

REになるのは、そこまで難しくありません。勇気さえあればだれでもできます。

私にはその勇気があっただけです。

しかし、FIを付け加えるとなると、知力や意思の強さなども必要になってきます。

本書は、FIREを実現するための指南書です。

著者のグラントさんは、株の上昇相場で運が良かったことを認めつつも、どのようにすれば、FIREを実現できるかを説きます。

まぁ大体みなさんが知っていることが書いてあります。

経済的自由にいち早くたどり着く鍵は、できるだけ早く、できるだけ頻繁に、できるだけ多くのお金を稼ぎ、投資することで、複利効果を加速させることだ。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

でもこういうのを読むと、うおぉぉぉとなりますよね。

私の場合はこうです。

  1. サラリーマンの序盤で出稼ぎ(海外駐在)
  2. お金を短期間で一気に稼ぐ。
  3. そのお金をVTIに一括投資。
  4. その分配金を再投資。

こうして経済的独立を目論んでいます。

 

本書の中で特筆すべきは、インフレーションシールドです。

かっこいいネーミングですね。

30歳そこそこでリタイアしたクリスティーとブライスは、インフレーションシールドと称するものを自ら作り出した。母国であるカナダよりもインフレ率の低い国に住むことで、インフレが自分たちの貯蓄に与える影響を本質的に抑えたのだ。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

さすがですね。

でも私はとっくにインフレーションシールドを発動させていました。というかみなさんもそうです。

この戦略を私たちの生活に応用するとこうなります。

「インフレ率が日本よりも高いアメリカの株を買って、物価の安い日本で暮らす。」

以上。

日本に生まれてよかったー、です。

みなさんもこのことに気づけて良かったですね、もう心配することはありません。

「インフレ率が日本よりも高いアメリカの株を買って、物価の安い日本で暮らす。」

「インフレ率が日本よりも高いアメリカの株を買って、物価の安い日本で暮らす。」

大事なことなので、三度申し上げました。

やはり自分の時間を自由に使うことができる状態こそ、本当の豊かさではないでしょうか。

毎日朝早く~夜遅くまで、何十年間も働き続けるのはちょっと辛いです。

しかし、何もしなければ、当然何も起きません。

スマホでゲームやってるだけでは何も起きません。

ほんの少し貯金をしてみる。

ほんの少し投資を始めてみる。

ほんの少し英語を勉強してみる。

ほんの少し副業を始めてみる。

これこそがFIREの第一歩なのです。

私は以前よりも存分に生き、心が穏やかで、幸せだ。自分の人生をコントロールし、世の中や人ともつながっていると感じている。旅行や執筆、ギターの演奏、教育など好きなことをする時間も増えた。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法