34歳の米国株投資日記

Not Financially Independent, Retire Early

NISAで240万円を失った人の話

今回は2019年~2020年のNISAで240万円を失った人の話をします。

その人は、2019年と2020年でレバレッジETFを運用しましたが、今回の暴落で大変痛い目に遭っています。

レバレッジETFをNISA口座で運用して調子に乗っていました。

NISAでレバレッジETFを購入して、日記を書く。

以上。

そうすれば、圧倒的な利益(または損失)をたたき出すことができる。

これが私のNISAプロジェクトです。

5年後にどちらにブチ抜けているか検証してみようと思います。お楽しみに。

今のところ、NISAで圧倒的な損失を出す方法に仕上がっています。

逆に全部なくなってるかもしれないけど。

これっぽっちの含み益など一瞬で吹き飛ぶことを僕は知っています。

シャワー浴びて戻ってきたらなくなってるかもしれない。

この恐怖と常に隣り合わせであることも忘れてはいけません。

だから、書けるときに書いておく。もしかしたら今がマックスかもしれないから。

予言的中です。レバレッジNISAの威力は絶大です。

ここで追加投資だ、なんて言ってる人もいて、それに便乗したいのですが、僕はレバレッジETFはNISAだけで運用すると決めています。

だから、追加投資するためには、あと10ヶ月待たなければなりません。

というか、そもそもそんなお金がない。

 

ということで、1600億年に一度かなんだか知りませんが、私の悪い予感の方が的中しました。

しかし、そのスピードと下落幅は私の予想をはるかに上回っています。

頭の上からタライが毎朝落ちてくるような衝撃ですね。

頭が身体の中に埋まっていくよ。。

それでもこの惨状を皆様を共有しておけば、将来天国に行けるかもしれないので、ちゃんとここに記しておこうと思います。

みなさまどうぞごらんください。

Before COVID-19

f:id:wakaiojisan:20200301220329j:plain

 

After COVID-19(新型冠状病毒)

f:id:wakaiojisan:20200319085252j:plain

英検1級に換算すると233回分なので、77.7年分に相当します。

僕が101歳になるまでの英検1級の受験料がたった二年分のNISAで失われました。

これを成し遂げたNISAerはいないのではないかと思われます。首席でしょう。

それもこれもすべて自己責任です。

しかし、僕は240万円を失った代わりに、かけがえのない経験を得て、その経験を今こうしてレバレッジをかけてみなさまに配信しています。

NISAで僕ほど損をしている人は少ないと思うので、NISAで投資をしている人の心の支えになれば幸いです。

Make America great again!

God bless me.

Thank you.