三十五歳の日記

生活を最適化しよう

NISAで利益1000万円を達成できるのか

私はNISAで利益1000万円を目指しています。この目標を実現するためには、レバレッジETFの力を借りる必要があると思ったため、2018年からこのプログラムに着手しました。

この記事を書いている時点での状況は以下の通りです。

f:id:wakaiojisan:20210207100207j:image

  • 2021年:SOXLの一括投資(450ドル×24単位)
  • 2020年:TECLの一括投資(250ドル×41単位)
  • 2019年:SPXLの毎日投資(平均46.5ドル×226単位)
  • 2018年:SPXLの一括投資(45.5ドル×73単位)

 

2018年の途中からNISAを投資信託の積立からレバレッジETFへ切り替えています。

NISAに投じているレバレッジETFの合計金額は以下の通りです。

  • 買付額:34,880ドル
  • 評価額:55,497ドル
  • 含み益:20,617ドル

この記事を書いている時点で、20,000ドルちょっとの含み益が出ています。

今のところいい感じですが、この位の含み益は一瞬で消え去ります。

気づいたらプラスがマイナスになっていたことすらあります。

このため一瞬たりとも油断はできず、最後の最後まで気を緩めることは許されません。

この緊張感が楽しいですね。

NISAで手堅い運用しても少ししか稼げませんが、レバレッジETFを5年位運用すれば、株価が数倍になることもあります。(もちろん数分の一もありうる)

一番激しい時で下落幅はこんな感じでした。

このクラスの下落が短期間で4回ありました。

  • VTI:-11.38%(-15.47USD)
  • SPXL:-33.87%(-11.53USD)
  • TECL:-36.16%(-56.77USD)
  • SOXL:-38.59%(-50.14USD)

みなさんのためにちゃんと記録を取ってあります。

一方、そこからの復活劇も素晴らしいです。

f:id:wakaiojisan:20210208102420p:plain

f:id:wakaiojisan:20210208102443p:plain

f:id:wakaiojisan:20210208102507p:plain

もし地獄の底で買えていたら、既に四倍になっていたことになります。

このように、爆騰したらたくさんの税金を払うことになるので、それはちょっと悔しいです。

そのため、当たったら宝くじのように非課税で受け取れるNISA口座を選択しました。

もし課税口座でミニロトクラスの儲けが出てしまったら、1000万円の利益なら200万円が税金でとられます。

興ざめです。

確かに大損する可能性もありますが、負けても年間120万円だけ。

しかもさすがにゼロになることはないでしょう。

一方、上がれば青天井。

NISAミニロトプロジェクトが今後どうなるのか。

当たりますように。

ライフサイクル投資術 お金に困らない人生をおくる

ライフサイクル投資術 お金に困らない人生をおくる