33歳の米国株投資日記

サラリーマン卒業しました

資産状況 2018年9月第4週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20180929090228p:plain

  • 今週:245,484.97USD
  • 先週:248,327.33USD
  • 差異:-2,842.36USD 

為替レート:ドル=113.69円

パフォーマンス比較(先週のリターン)

  1. PPP:+30.27%(+30.24%)※Phizer
  2. Dow:+28.92%(+30.31%)
  3. ダウの子犬:+27.39% (+28.11%)
  4. VTI:+24.37%(+25.62%)
  5. VOO:+24.35%(+25.52%)
  6. 個別株:+3.66%(+5.10%)

前週比で32万円減りました。はふっ。

フィリピンの魔法が溶けたのだろうか。(※1, 2)

いやそんなことはありません。円安になったからです。円安のおかげで米国株の下落をチャラにしてくれました。

私は全財産のほとんどを米ドルで保有しているので円安になると業績が上がります。

 

さて、今週はついにPPPのファイザーが首位になりました。これでこの瞬間はPPPの優位性が証明されたことになります。

もう一つのPPP候補だったシスコも圧倒的なパフォーマンスです。

PPP関連記事はこちら

PPPリターン

  • Phizer:+30.27%
  • Cisco:+52.70%

最初からPPPだけに投資しておけばよかった。ダウの子犬とか言って変な株一つ買っちゃいましたからね。こういうリスクもちゃんと覚えておく必要があります。

  • GE:-46.92%

はふっ。しかもナンピンしたのにこの下落率ですから半端ないはふ。

こうして株式投資をやっているといいこともあれば、悪いこともあるという自然の摂理を身をもって学ぶことができます。

結局GEとPMにやられて個別株ポートフォリオは+3.66%です。

プラスなだけまだよかったです。200万円くらいのセミナー代だと思えば安いものですね。ははは。ふふふ。

 

はふっ。

たっか。個別株ポートフォリオを組む時は気を付けましょう。