33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

資産状況 2018年11月第4週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20181124092426p:plain

先日お伝えした通り、GEを売却してVTIだけになりました。

いやあ、美しい。やはりVTI一本は美しいです。

私の人生で最も大きな買い物はこのVTIでした。

一括で1000株購入したので当時の価格で1,200万円くらいしました。今では1,500万円を超えています。

今は低調ですが長い目で見れば、これからもじわじわ上げてくれることでしょう。

GEだけで60%以上の爆損を経験しましたが、これはこれでかけがえのない経験でした。やろうと思ってもなかなかできませんからね。いろんな意味で。

今風に言えば「モノからコトへの投資」です。それで1万ドルは安いです。

「マルタ島に行きたい」って思えば、お金を払えばすぐに行けます。

しかし「GEで60%以上の爆損を経験したい」と言ってもすぐに経験できません。

もうあと半年はかかるでしょう。場合によってもう経験できないかもしれません。

私は爆損の虜になりました。

ということでまたちょっとしたらGEを買い戻すつもりです。

今回のGE売却で私の個別株の戦績が確定しました。驚くべきことにプラマイゼロです。

というか大体そうなるようにGEを売却したのですが、結果としてあの夢のような日々をタダで経験できたことになります。

プライスレスです。

個別株投資なんかしないで、おとなしくVTIに投資してればあと2万ドルくらい増えてたんじゃないの?

What is the point?

爆損をタダで経験するための精緻なポートフォリオを構築していたのです。

これで新たなスタートラインに立てました。

個別株で痛い思いをしている人はこう思いましょう。

「爆損は海外旅行みたいなものである」

え、全然意味が分からない?まぁ落ち着いて。

非日常を株式投資を通じて体感するということです。

海外旅行の何が楽しいかと言ったら、自分の知らない土地、文化、言語を通じて、自分の未知を知り、世界を広げることでしょう。

爆損の世界も同じです。

爆損を抱えたことのない人はその世界がどのようなものか分かりません。

マルタ島に行ったことがないのと同じように。

我々が生きる世界について、一つでも多くのことを知りたいと思っているなら、爆損の世界を知っておいても損はないでしょう。

自分の経験こそ目減りしない大切な資産なのです。