33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

HSBC香港の米国株手数料無料を検証しました

HSBC香港で米国株の購入手数料が無料になるキャンペーンをやっているので試してみました。

結論から言うと、インターネット(Stock Express)でもアプリ(Easy Invest)でも無料でした。前回のキャンペーンのようにキャッシュバックではなく、手数料がゼローです。

試しにSPXLを1株買ってみましたよ。手数料の文字はありませんでした。手数料が見えないのは僕だけじゃないよね。

f:id:wakaiojisan:20190130095136j:image

キャンペーン詳細はこちら

3月31日までなのでこの期間中に少し何か買っておこうかなと目論んでおります。SPXLを買ってもいいし、シンプルにVTIに追加投資していってもいい、それともGE買うか。

手数料無料だと少額を分散して購入する際に有利です。

だからといって儲かるわけではないけど、買った瞬間暴落して視界が不明瞭になることを避けることはできます。

 

時間分散させて買うのは、精神安定作用が期待できるからです。リターンを狙うなら一括投資の方が有利だとされています。

右肩上がりで上昇する対象に長期投資する覚悟があるなら、今すぐにありったけのお金をつぎ込むのが正解でしょう。

でも人間は目先のアップダウンにとらわれてしまうから、その精神的ダメージを軽減させようねってということで時間分散が提案されているわけです。

購入回数が増えると買った分だけ手数料がかかってしまうし、値上がりしたらその分のリターンを逃してしまうデメリットもあります。

でも時間分散、積立投資の狙いは、投資を継続しやすくすることです。

リターンを目指すのはいいけど、短期的な急落で投資恐怖症になってしまっては元も子もありません。

投資は長期間行うことに意義があるわけで、目先の急落で投資自体を諦めてしまうのはもったいないです。その方がよっぽど大きなリターンを失いかねません。

だから、適度に株式市場にコミットしながら、自分の精神を健やかに保てる投資方法を模索していくべきです。これ人それぞれ違うからちゃんと自分でやるんだよ。

感覚的には、ちょっと退屈ね、くらいがちょうどいい気がします。

マラソンと一緒ね。え、こんなゆっくりなペースでいいの?

ってくらいのペースで走り始めないと完走できないのと一緒です。

あれ、身体が軽いな、これなら自己ベスト狙える、俺ならできる、ふははは、とかやってると絶対に30㎞地点で撃沈します。

これ分かっていてもできないことを僕は知っています。投資も一緒です。

長距離走と長期投資の共通の哲学。

続けるためには無理しないこと。これが鉄則である。