34歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

確定拠出年金の移管には2カ月はかかる

しばらく音沙汰がなかった確定拠出年金関連のお知らせが届きました。「他制度への移管金 お振込のご連絡」というものです。

新たな制度に私の個人別管理資産の移し替えが完了したことを報告する旨でした。

  • 振込日:2月25日
  • 振込額:秘密
  • 振込先金融機関:資産管理サービス信託

振込額内訳も同封されていて、運用商品がいつ、どのくらい、どの価格で売却されたかが明確に分かるようになっています。

また、そこから運営管理手数料の4,320円が差し引かれた資産額が支払額として明記されていました。

 

これを見て分からなかったことは2つあります。

まず、この振込先金融機関名である資産管理サービス信託って何?ということです。

調べてみるとこういうことらしいです。よく分からないけど、うん、まぁそうなんだという感じですね。

f:id:wakaiojisan:20190220100757p:plain

資産管理サービス信託銀行:信託サービス<年金資産管理(確定拠出年金)>より転載

もう一つは、ここから楽天証券の口座に移管?されるのにあとどのくらい時間がかかるのかということです。

これは楽天証券にフローがありましたので参考までに載せておきます。

f:id:wakaiojisan:20190220101300p:plain

あぁもしかして今回のお知らせはSTEP4なのかな?だとすればまだ時間はかかりそうですね。

既にSTEP5の国民年金基金連合会へ加入申出書は提出されているようなので、もう少しの辛抱でしょうか。

f:id:wakaiojisan:20190130212315p:plain

やはり申込書を提出してから二カ月くらいは見ておいた方がよさそうです。

早晩会社を辞められ、企業型から個人型に移管されるみなさまのために引き続きレポートいたします。