33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

住信SBIネット銀行の定期預金特別金利をおかわりした

私の安全資産は米ドルの定期預金にしています。定期預金にしている理由は、金利と流動性が高いからです。

私がおすすめしているのは、住信SBIネット銀行の定期預金で特別金利を活用することです。

円からの預け入れ限定ですが、年利10%(税引き後7.96%)になるキャンペーンが定期的に開催されます。今回満期を迎えましたが、まだキャンペーン中だったのでもう一回組みなおしました。

f:id:wakaiojisan:20190325094803p:plain

一般的にこのようなキャンペーンは、高い為替手数料などの罠が仕込まれているのですが、住信SBIネット銀行の素晴らしいところは、為替手数料が通常片道4銭であることです。したがって、この為替手数料を差し引いても十分メリットがあるのです。

中には年利10%でも月に直せば0.833%だからたいしたことはないという人がいます。

しかし、私は今年に入って既に三か月分(三回分)の特別金利を享受しているため、年利2.5%を確定させています。それ以外の9か月分を通常の1.6%で組んだとしても税引き前で年利3.7%になるのです。

もちろんこれは運よくキャンペーンを利用できたからですが、地道にキャンペーンを狙って即行動できた結果ということもできます。

一か月物の定期預金で年利3.7%もあれば十分です。もしキャンペーンがこれからも続けばさらに利回りを高めることもできます。

 

また、一か月物という流動性の高さも気に入っています。

万が一急にお金が必要になっても一か月という短期間なら次の利子が振り込まれるまで待てる可能性が高まります。急な出費に備えて定期預金をいくつか複数に分けて組んでおくのもおすすめです。一部解約ができないので全額を一本で組んでしまうと、全額解約になってしまうからです。

あと一か月毎に利子が振り込まれるのでそれを複利で運用すれば、実質年利はもう少しよくなるのではないかと思っています。(あってるかな?)

さらに債券ETFのように再投資の際に購入手数料はかからないので、効率よく低コストで運用することもできます。敢えて言うなら、定期預金を組み直す際の片道4銭が手数料みたいなものですね。

以上のことを考慮すると、住信SBIネット銀行で定期預金を組んでおくのがよさそうだという結論になりました。しかし、このキャンペーンがいつまで続くか、どのくらいの頻度で行われるかは不明です。

しかし、キャンペーンが始まって速攻組めば二回行けることが分かりました。

安全資産の投資先に米国債も検討中ですが、一か月物の定期預金も使い勝手が良いのでしばらくは定期預金で様子を見続けるかもしれません。

もちろんこれは米ドルでの投資先(特に安全資産)を検討する際の一つの選択肢という意味で、もし為替リスクをヘッジしたいなら円で持っておくのがよいでしょう。

興味がある方は米ドル預金を検討してみてはいかがでしょうか。住信SBIに倣ってほかの銀行でも定期的に外貨預金キャンペーンをやっているのでウォッチしておくとお得な情報を入手できるかもしれません。