三十五歳の日記

生活を最適化しよう

アップルウォッチの不具合を通じて分かったことのまとめ

先日から立て続けに投稿していた私のアップルウォッチの不具合問題についてまとめます。この記事を書いている時点では、不具合なく機能しています。

詳細は以下に詳しく書いてありますが、ポイントを簡潔にまとめました。

だれかの役に立てばいいなと思います。

今回の不具合は以下の通りです。

  • 手首を返すと画面が表示されるモードにしていても反応がない。
  • ワークアウトのランニング中に距離が記録されない。
  • 立ち止まるとタイムが止まる設定にしていても機能しない。
  • 脈拍も取れていない。
  • 充電ケーブルをつないでも反応しない。

ただ単に手首を返しても画面が見れないという事象については、まずシアターモードになっていないかチェックしてください。

何かの拍子にシアターモードになってしまうと、手首を返しても画面が表示されなくなります(明るくならない)。

これで解決できれば、何も問題ありません。すっきり解決、良かったですね。

 

それでも解決できない場合は以下を試してください。

大事なことは、焦って修理に出さないことです。余計な手間がかかるだけで終わることがあります。

  • 電源を一回切ってから再び電源オン。

いかがでしょうか?これで回復するケースもあります。

それでもだめならこれです。

  • ペアリング解除して、再ペアリング

これもかなり鉄板の復活方法です。

いかがですか?ちょっと時間がかかるので注意してください。

それでもだめならこれです。

  • 初期化

いかがですか?

もし私と同じように上記をやった直後は調子がいいんだけど、しばらく使うとだめだ、という方は、以下のことを試してください。

  • バックアップデータで再現しない

私はこれで解決しました。

なんかバックアップデータに不具合があったのか分かりませんが、今のところこれでうまくいっています。

今回の不具合でいやらしかったのは、再起動やペアリング解除直後は正常に機能するのに、しばらく経つと不具合が再発することです。

このため二回も修理に出してしまったのですが、サポートセンターの回答は異常なしでした。

ですので、上記方法で解決できないか試してみたうえで修理に出すことをお勧めします。

そうすれば余計な労力をかけずに済みますし、最愛のアップルウォッチと離れ離れになることもないかもしれません。

私の経験がだれかのお役に立ちますように。