三十五歳の日記

生活を最適化しよう

資産1億円に到達するのはいつか

私は1億円を目指して資産運用をしていますが、このままのペースで運用するといつ1億円に到達するのか試算してみました。

結論:51歳で1億円に到達

その詳細はこうです。

  • 株式投資:3500万円
  • 利回り:7%
  • ※資産のほとんどがVTIなので、VTI設定来のリターンである約7%を採用。
  • Vanguard ETF Profile | Vanguard

この条件だと16年目に資産1億円に到達するようです。

机上の計算ですけどね。

このまま投資を続けて分配金を粛々と再投資に回していれば、50歳位で1億円に到達する。

ほんまかいな。

ちなみにNISAで運用中のTECLはこの5年で16倍、SOXLは35倍位になっているので、うまくいけばこうなります。

  • TECL:1920万円(120万円×16倍)
  • SOXL:4200万円(120万円×35倍)

このプロジェクトが成功を収めれば、5年後には、つまり40歳で資産1億円に到達している可能性があります。

さらにこれは非課税なので痛快ですね。

また、税金について勉強してみたところ、資産1億円に到達する前に海外留学に行くのが今のルールだと一番良さそうだということが分かりました。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)

  • 作者:橘玲
  • 発売日: 2013/07/05
  • メディア: Kindle版
 

非居住者になってしまえば、その瞬間に海外所得に対する納税義務は消失する。香港やシンガポールでは金融資産の譲渡益や利子・配当所得はもちろん、国(域)外で得た所得に対しても課税されない。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)

しかし、今後はいろいろとルールが変わる可能性があるのでウォッチが必要です。

大事なことは、今後も投資を続けること。

絶対に株を売らないこと。

諦めないこと。