三十七歳の日記

Diary of My Thirty-seventh Year

日記を書いて年収200万円を目指したい

会社員を辞めると収入が激減、または消滅しますが、自力でどこでも稼げる収入源があると安心できます。例えば、日記を毎日書くだけで200万円稼げたら素晴らしいです。

日本では会社勤めをすると、週7で働いて数百万円~千万円位の給料を得ることができます。

週7?と思うかもしれませんが、土日だって仕事のことに思いを馳せ、溜息をついていることを考えれば、週7で働いていると言っても良いでしょう。

どう考えても週7で働くのは辛いし、極端なライフスタイルだと思います。

多くの人は、それを当たり前のように考えて生きているので感心します。

私も試したことがありますが、このライフスタイルは、自由時間が少なくて楽しくないし、ストレスも多いです。

だから、この生活を続けるのはクォリティオヴライフが低くなってしまいます。

そこで週7で仕事をしなくても済む仕組みづくりに着手しました。

稼いだお金は全部米国株に回し、Sellという選択肢はありません。

このおかげですぐには人生詰まない位の資産は手に入りました。

だからと言って全く働かないのではなく、ちょろちょろ働く、そこそこ働く、短期集中で働く。

そんな感じでの働き方、生き方を模索しているところであります。

私にとって理想的な人生とは、日々何かを作りながら、そこから得られる収入で生きていくこと。

何かに頼るのではなく、自力である程度稼げるスキルや経験を身に着ける。

つまり、この日記を書くだけで200万円位稼げるようになったら素晴らしいです。

難しいことかもしれませんが、決して不可能ではありません。多分、きっと、、ね。

今は全然だめですが、だめなりにじわじわと上がり続けています。

投資で学んだ複利運用的な要素をブログに応用させ、年収200万円位稼げるブログに育て上げていければいいなと思います。

文章を書いて、お金を稼ぐというのはなかなかクリエイティブでやりがいのある活動です。

自分がどこにいてもできるし、アウトプットすることで頭の体操にもなって、生活の感度も上がります。

しかし、お金を稼ぐことを第一目標にしてしまうと辛いので、自分が気楽に楽しめる範囲で細々と続ける。日々作品を作り続ける。

そんな状態をキープすることが長続きの秘訣であり、成長の原動力だと信じています。

将来的には職業を「日記を書くこと」にして、年収200万円位稼げるように頑張ります。

これからも自分の働き方、生き方の最適化を進めていきたいと思います。