33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

VTI上位銘柄の確認 2019年4月30日

VTIの上位銘柄が更新されていたので報告します。

先月の記事はこちら

まずセクター比率ですが、大きな変化はファイナンスが19.00%→19.50%に、テクノロジーが20.40%→20.90%に上昇したのに対し、ヘルスケアの比率が13.20%→12.30%に減少したことです。ほかはほとんど変わっていません。

f:id:wakaiojisan:20190520140828j:plain
f:id:wakaiojisan:20190419120132j:plain

上位銘柄トップ10です。

f:id:wakaiojisan:20190520140824j:plain
f:id:wakaiojisan:20190418235739j:plain

JP Morganが9位から7位に躍進しています。トップ10位銘柄の全資産に対する比率が18.60%→19.20%に上昇しています。2月の17.90%から三か月連続で上昇しています。

 

どんな背景かよくわかりませんが、継続すると過去のデータを比較できるので面白いですね。個別株でS&P500のトップ10銘柄を保有というのはどうなんでしょう。

テクノロジー比率半端ないですね。

でもこれからはテクノロジー関連銘柄が増えざるを得ないかもしれないと思うのですが、実際どうなのでしょう。それだったらテクノロジー関連のセクターETFを保有してみるとか。まぁそんなうまくはいかないけどね。

このように毎月一回バンガードのオフィシャルサイトでVTIの状況をチェックしています。今の私の株式ポートフォリオは、ほぼこのVTIのポートフォリオと同じです。

したがって、最も保有金額が大きいトップ5はマイクロソフト、次いでアップル、アマゾン、グーグル、フェイスブックとなります。

なんかすごいですね。

私の金融資産は引き続き米国株に賭けるつもりです。

NISA+iDeCo+それ以外全て米国株に投じてリターンを追求し、物価の安い日本で暮らす。

これがそこそこ合理的な選択肢の一つだと考えています。

30年後答え合わせをしてみたいと思います。