三十七歳の日記

Diary of My Thirty-seventh Year

頭金1割以下で住宅ローンを組む20~30代たち

朝起きてNHKのニュースサイトを見ていたら、頭金1割以下で住宅ローンを組む20~30代が60%以上いる、という記事がありました。とても頼もしい、と思いました。

持ち家を購入した際の頭金の割合について聞いたところ20代は1割以下が61%、30代は1割以下が67%にのぼりました。
頭金の目安としては2割から3割が一般的とされてきましたが、住宅ローンの金利が低い状況が続いているほか、住宅ローン減税の特例措置の期限が延長されたことなどを背景に、頭金を十分用意せずに購入する人が増えているとシンクタンクでは見ています。

私が米国株に余剰資金を全て投資しましょうと言うと、余剰資金の全てを株に投資するなんて怖い、という方がいらっしゃいます。

まして3倍レバレッジETFなんてもってのほかだと。

ところが、マイホームを購入する20~30代の60%の人から言わせれば、「そんなのは全然甘い。甘すぎる。砂糖のように甘い。俺なんか10倍以上のレバレッジを効かせているぜ」となります。

分野は違いますが、レバレッジ派の同胞として大変に心強い思いが致しました。

私のレバレッジ3倍ETFなんか子猫みたいなものでして、彼らに比べるとなんだか恥ずかしい気持ちになります。

ということで、世の中はレバレッジ不動産ブームなのでしょうか。

私は不動産投資については経験も知識もないので細かいことはよくわかりません。

持ち家も賃貸もそれぞれメリットデメリットがあると思うので、ライフスタイルに合わせて選べばいいと思っています。

しかし、最近気になることがあります。

それは、私の家の周りで新しい家がとてつもない勢いで建てられて、それらがとてつもない勢いで売れていくことです。

軽く5,000万円位はする一軒家が一瞬ですよ。

しかも入居者は、私と同世代の20~30代っぽいので、まさに今回のニュースで言われていることが身の回りで起こっていることを実感しています。

たまたま私の家の周りがそうなっているのかもしれません。ちょうどそういう周期になっているのかもしれません。

しかし、ここ1年の住宅動向を見ていると、どうも今までと違う気配がしています。

住宅バブルが到来するのか、しているのか。

ということで、10倍レバレッジができる同胞をうらやましく、頼もしく思います。

信用と引き換えに自由を手に入れた私はやりたくてもできません。

この住宅ローンみたいな感じで米国株が買えたらどんなによいだろうか。

500万円なくても5000万円のポジションが取れて、利率は1%以下だから分配金だけで余裕でペイするどころかおつりが来ます。

しかも毎月決まった額を粛々と返済すればよくて追証もなかったらどんなに気が楽だろうか。

まぁできないことを夢見ても仕方ないので、私は手持ちのお金を使って精一杯米国株を買うことに専念したいと思います。

世の中には不動産に10倍以上レバレッジをかけている人がいるので、全財産を米国株に投じたり、その一部で3倍レバレッジETFを買うことなんて、全然たいしたことないなと思ったのでした。